コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営業権 えいぎょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

営業権
えいぎょうけん

営利という共同の目的のもとに有機的に結合された財産的価値ある有形・無形の物,または法律上・事実上の関係から構成された客観的意味における営業全体のうえに認められた独立の物権的権利。企業権ともいう。日本では財団抵当法などに基づく財団抵当企業担保などに基づく企業担保法の場合に例外的に認められるにすぎないとするのが通説の立場であった。従来,会計学上の営業権は「暖簾」と同義に営業上の超過収益力を意味していたが,会社法は「暖簾」について,組織再編行為において存続会社や事業の譲受会社などが支払った価額と,取得した資産および引き受けた負債に配分された額を超過した場合に計上することのできる差額概念ととらえている(会社計算規則11~29)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいぎょう‐けん〔エイゲフ‐〕【営業権】

営業的組織体についての独立の物権的な権利。伝統・名声・立地条件・製造技術・取引関係などから生じ、無形財産とされる。暖簾(のれん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

営業権【えいぎょうけん】

企業権

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

会計用語キーワード辞典の解説

営業権

営業譲渡や株式交換、合併、買収などを行ったときに得た資産や負債と支払った額との差額を営業権といいます。一般的に「のれん」と呼ばれています。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

M&A用語集の解説

営業権

企業が有するノウハウ、立地等、他に代替できない無形の価値のこと。買収価格が売却企業の純資産額を上回る場合の差額をいう。会社法が施行されるまでは「営業権」と呼んでいたが、現在は「のれん代」という。2006年度より、のれんの一括償却は原則禁止されており、のれんの取得後20年以内に規則的に償却し、各期の償却額は販売費及び一般管理費として計上する。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

えいぎょうけん【営業権】

税法および会計学上、長年の営業活動より生じた無形の経済的利益。暖簾のれん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の営業権の言及

【営業】より

…もっとも,商法も国民経済的観点からかかる財産的組織体の無益な解体を回避させるため,商号,会社の合併・継続,組織変更など企業の維持をはかるための制度を設けている。
[営業権]
 次のように多義的に用いられる。(1)企業会計上,営業権とは〈のれん〉を指す。…

【暖簾】より

…《守貞漫稿》には〈上の短き物を暖簾〉といい,〈下の長きを京坂にては長暖簾,江戸にては日除〉といったとある。暖簾はやがて商店の象徴となり,〈のれんが古い〉といえば,老舗(しにせ)を表すこととなり,〈のれんにきずがつく〉といえば,店の信用が損なわれることをいい,また〈暖簾分け〉は長年勤めた奉公人に対して主家の屋号,営業権を一部譲渡することをいうなど,営業権,顧客の店に対する信用を表す言葉となった。暖簾分け【宮本 又郎】
[経済的価値としての〈のれん〉]
 法律および会計上,のれんとは営業に固有な事実関係,すなわち営業上の秘訣,販路,得意先,創業の年代,名声,地理的関係などをさす。…

※「営業権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

営業権の関連キーワード蓼科中央高原の太陽光発電施設問題イオンショッパーズ福岡店のれん分け(暖簾分け)名古屋食肉市場(名食)ヤオハンジャパン[株]安曇野菜園の住民訴訟福岡市屋台指導要綱引き渡す・引渡すフランチャイジーコープケミカル日商岩井[株]フランチャイズ北海道拓殖銀行アムトラック木更津[市]のれん(代)無形固定資産貝島 太市加知 貞一太平洋証券

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

営業権の関連情報