コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暘谷乾曈 ようこく けんとう

1件 の用語解説(暘谷乾曈の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

暘谷乾曈 ようこく-けんとう

?-1533 戦国時代の僧。
臨済(りんざい)宗。鎌倉報国寺の芳琳広誉(ほうりん-こうよ)に師事し,その法をつぐ。のち鎌倉禅興寺,建長寺の住持をへて,相模(さがみ)(神奈川県)横須賀の正禅(しようぜん)寺,武蔵(むさし)行田(ぎょうだ)(埼玉県)の安楽寺の開山となった。天文(てんぶん)2年12月11日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

暘谷乾曈の関連キーワード月舟寿桂成瀬ダム朝倉義景イワンインカ帝国ウィレムエリザベスカルタヘナ島津義久達延汗

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone