行田(読み)ギョウダ

  • ぎょうだ ギャウだ
  • ぎょうだ〔ギヤウだ〕

大辞林 第三版の解説

埼玉県北部にある市。足袋たびの産地で知られた。現在は電気機械工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

埼玉県北部の地名。延徳年間(一四八九‐九二)成田親泰(ちかやす)が忍(おし)城を築いて以来、城下町として発展。江戸時代から足袋(たび)の生産で知られ、第二次世界大戦後は被服工業が発達。全国最大といわれる円墳「円墓山(まるはかやま)」、金象眼銘文のある鉄剣(国宝)出土で知られる「稲荷山(いなりやま)」などの古墳は埼玉古墳群として史跡指定され、一帯は「さきたま風土記の丘」公園になっている。昭和二四年(一九四九)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行田の関連情報