コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暦売り こよみうり

2件 の用語解説(暦売りの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

こよみうり【暦売り】

歳末、来年の暦を売る・こと(人)。 [季] 冬。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暦売り
こよみうり

暦を売る商人のこと。戦国時代ごろから伊勢(いせ)暦が、さらに江戸時代に入って、京暦、江戸暦、会津暦、三島暦、奈良暦、薩摩(さつま)暦、南部の絵暦(盲(めくら)暦)などが各地で売られた。京坂では「大小柱(はしら)暦、巻(まき)暦」、江戸では「来年の大小柱暦、綴(とじ)暦」と呼び声をあげて売り歩いた。これらの暦は、とくに農・漁業に便利なので、1873年(明治6)に陽暦に改められたのちもなお用いられ、現在でも社寺の縁日などで売られている。[片岸博子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone