暦象(読み)れきしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「暦象」の解説

暦象
れきしょう

『尚書』堯典(ぎょうてん)に「欽(つつし)みて昊(こう)天に若(したが)ひ、日月星辰(じつげつせいしん)を象し、(つつし)みて人に時を授く」とあり、『易経』に「暦象とは日月星辰を謂(い)ふ也(なり)」とある。すなわち暦象とは、日月星辰そのものをさすと同時に、それらにおいておこる種々の天象を見て季節を推すことであり、天体運行とその推算である。東洋における暦本来の意義を言い表している語が暦象である。中国においては、為政者の政治の第一の要務は暦象すなわち暦法であって、観象授時は帝王学問として発達したものといえる。

[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「暦象」の解説

れき‐しょう ‥シャウ【暦象】

〘名〙
① こよみから天体の現象を推算すること。〔書経‐堯典〕
② こよみに記載されている種々の天文現象。
三代実録‐貞観一五年(873)一一月一三日「歴象同天、変常者乃遭其怒

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暦象」の解説

れき‐しょう〔‐シヤウ〕【暦象】

暦によって天体の運行を推測すること。
天体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android