コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書史 ショシ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐し【書史】

書物。書籍。
書物の歴史。
書道の歴史。
経書史籍

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょし【書史】

書物。本。
書物の歴史。
書道の歴史。書道史。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の書史の言及

【書記】より

…【室田 宣一】
[中国]
 書記の語は古くから書物,文字で記されたものの意味で使われてきたが,それが文書や記録を書くことを任とする官名になるのは3世紀,魏の曹操の時代からである。中国では文字を扱う記録係の名称として史があり,天子の言動を記録する左史・右史や,歴史を書く史官を頂点に,各役所の長官=令に属する令史や書史などに分化していった。これらも広義の書記と関係するが,漢代では秘書官的な書記として記室の名称が一般的で,三公や大将軍の上奏,書記をつかさどる記室令史などの官があった。…

※「書史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書史の関連キーワードアッシュール〈カラットシェルカット〉武田科学振興財団杏雨書屋アンナーレス常陽史料館ドープシュマンハイム古典考古学ヨシュア記福王朱由崧播姫太平記荒木田盛員島津家文書古文書学百科事典石川九楊在地領主建部伝内正字通ライト写字生

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書史の関連情報