コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新村出 しんむら いずる

デジタル大辞泉の解説

しんむら‐いずる〔‐いづる〕【新村出】

[1876~1967]言語学者・国語学者。山口の生まれ。京大教授。ヨーロッパ言語理論の導入に努め、日本の言語学・国語学の確立に尽力。特に、国語史や語源、外来語南蛮文化に関する考証など多方面にわたる業績をあげた。文化勲章受章。著「東方言語史叢考」「東亜語源志」、編「広辞苑」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新村出【しんむらいずる】

言語学者。山口県生れ。東大博言学科卒。長く京大教授をつとめた。上田万年の後継者として国語学の構築に貢献。西洋言語学説を紹介,国語史,またキリシタン版などの南蛮研究等,その業績は広く大きい。
→関連項目国語学新村猛

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新村出 しんむら-いずる

1876-1967 明治-昭和時代の言語学者。
明治9年10月4日生まれ。関口隆吉(たかよし)の次男。新村家の養子。明治42年京都帝大教授。上田万年(かずとし)とともに西洋言語学の理論を移入し,日本の言語学・国語学の基礎をきずく。キリシタン文献の考証,語源の研究でも業績をのこし,「広辞苑」の編集で知られた。昭和31年文化勲章。昭和42年8月17日死去。90歳。山口県出身。東京帝大卒。号は重山。著作に「言語学概論」「南蛮記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんむらいずる【新村出】

1876‐1967(明治9‐昭和42)
言語学者。山口市生れ。1899年東京帝国大学文科大学博言学科を卒業,東京高等師範学校教授(のち東大助教授兼任)を経て京都帝大教授となり,1936年定年退官に及ぶまで,同大学の言語学講座を担当すること28年におよんだ。その間,文学博士称号を得(1910),帝国学士院の会員に推された(1928)。退官後は京大名誉教授。56年文化勲章を受けた。国語審議会,国宝保存会など,種々の委員会の委員や会長などをつとめ,学術振興に大きな貢献をした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんむらいずる【新村出】

1876~1967) 言語学者・国語学者。山口県生まれ。東大卒。京大教授。上田万年のあとをうけて西欧の言語理論を導入。国語史に関する論考のほか語源研究・南蛮典籍に関する考証も多い。著「東方言語史叢考」「東亜語源志」など。編「広辞苑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新村出
しんむらいずる

[生]1876.10.4. 山口
[没]1967.8.17. 京都
言語学者。号,重山。 1899年東京大学言語学科卒業。大学院に進み,東大助教授を経て,ヨーロッパ留学後,1909年京都大学言語学教授。 10年文学博士。京大名誉教授。上田万年の弟子で,西欧言語学を導入して国語学の基礎を築いた。国語の史的研究,東国方言研究,近隣諸語と国語との比較考察などの論文を集めた『東方言語史叢考』 (1927) ,語源研究『東亜語源志』 (30) などのほか,南蛮文化論考『南蛮更紗』 (24) ,『南蛮広記』 (25) ,『日本吉利支丹文化史』 (40) などの著がある。また,これらの研究の成果を集め国語辞書『広辞苑』 (55) を編纂した。文人でもあり,『琅 玕記 (ろうかんき) 』 (30) など多くの随筆も残した。『新村出全集』 (15巻,71~73) がある。 56年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新村出
しんむらいずる
(1876―1967)

言語学者、文化史家。山口市生まれ。もと関口氏。東京帝国大学博言学科(後の言語学科)卒業。東京高等師範学校教授、東京帝国大学助教授として国語学を講じたのちヨーロッパに留学し、帰国後は京都帝国大学教授として長年にわたり言語学講座を担当。ヨーロッパの言語学を踏まえたうえで内外の資料を博捜して、日本語音韻史や近隣の諸言語との比較研究に成果をあげ、それらは『東方言語史叢考(そうこう)』(1925)にまとめられている。また、日本語の語源の考証や外来語の研究にも力を入れ、『東亜語源志』(1930)がこの方面の主著であるが、ほかにも語源に関する随筆風の著作が多数ある。また、キリシタンの残した文献を国語史の資料として利用することに端を発して、広く南蛮文化の研究を行い、『南蛮記』『南蛮更紗(さらさ)』など、文芸的香りの高い考証的随筆集を著した。また典籍に関する著作も多数ある。きわめて多方面にわたる学識をもち、学術・文化に関する諸団体の委員や会長を務め、1928年(昭和3)には学士院会員に選ばれた。また、各種の国語辞典の編者となったが、『辞苑(じえん)』(1935)の増補版である『広辞苑』(1955)は百科事典を兼ねる便利なものとして広く用いられている。おもな著作はすべて全集に収められ、さらに東京帝国大学における講義の筆録が『新村出国語学概説』(1974)として刊行された。56年(昭和31)に文化勲章を受章。[安田尚道]
『『新村出全集』全15巻(1971~73・筑摩書房) ▽『新村出全集 索引』(1983・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新村出の関連キーワードエリセーエフ セルゲイバチェラー・八重子バチェラー 八重子原語別外来語集イェスペルセン日本方言学会岡倉 由三郎関根 正直阪倉 篤義岡倉由三郎堀井令以知エドワーズ厚生新編新村 出昭和時代新村 猛小林芳規新村 徹寿岳文章峰岸明

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新村出の関連情報