コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽々木海岸 ソソギカイガン

3件 の用語解説(曽々木海岸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そそぎ‐かいがん【曽々木海岸】

石川県能登半島北部、輪島市にある岩石海岸日本海の浸食でできた窓岩を中心に、断崖・奇岩が町野川河口から垂水(たるみ)の滝まで約2キロメートルにわたって続く。かつては能登の親不知(おやしらず)といわれた交通の難所だった。男性的な景勝地で、国の名勝・天然記念物に指定されている。能登半島国定公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕曽々木海岸(そそぎかいがん)


石川県能登(のと)半島北東部、町野(まちの)川河口東方の岩礁海岸。背後に絶壁が迫り、奇岩や海食洞が奇勝をつくる。国指定の名勝・天然記念物。冬季の「波の花」が有名。南約1.5kmに源平(げんぺい)合戦の敗将・平時国(たいらのときくに)ゆかりの時国家がある。能登半島国定公園の一角を占める。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽々木海岸
そそぎかいがん

石川県輪島市の海岸。能登(のと)半島北部、町野川河口から北へ約2キロメートルにわたり、国の名勝・天然記念物に指定され、能登半島国定公園の特別保護地区。流紋岩質火山角礫(かくれき)岩、パーライト、黒雲母(うんも)、角閃(かくせん)石流紋岩溶岩からなる岩倉山(357メートル)が断崖(だんがい)となって日本海に臨み、能登の親不知(おやしらず)とも称された。窓岩、尋岐(ひろき)の険、垂水(たるみ)の滝などの景勝地が続く。冬の季節風が強く、北方系の植物もみられる。能登半島外浦(そとうら)の男性的海岸美の代表で、旅館、民宿も多い。江戸時代、海岸には揚浜(あげはま)式塩田が開かれ、塩蔵も置かれた。国道249号が通じ難所はトンネルで抜けている。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽々木海岸の関連キーワード珠洲岬曾々木海岸能登島能登半島国定公園能登半島地震能登輪島見附島能登空港珠洲[市]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曽々木海岸の関連情報