コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇陀山地 ウダサンチ

3件 の用語解説(宇陀山地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うだ‐さんち【宇陀山地】

奈良県中東部、宇陀市南部に広がる山地。中央構造線以北の地帯で、北は大和高原、西は竜門山地、東は三重県境の山地となる。山地は、西部の口宇陀盆地と東部の奥宇陀山地に分けられ、西部はなだらかな小丘陵、東部は千メートル級の山々が東西に続く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県(奈良県)〕宇陀山地(うださんち)


高見山地(たかみさんち)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇陀山地
うださんち

奈良県中東部、宇陀郡を占める山地。北は大和(やまと)高原(笠置(かさぎ)山地)、西は竜門(りゅうもん)山地、南は中央構造線、東は三重県境の山地で限られる。地形上、西部の口宇陀(くちうだ)盆地と東部の奥宇陀山地に分けられる。口宇陀盆地は榛原(はいばら)、松山、古市場などの小盆地からなり、比高100メートル以下の小丘陵で囲まれる。奥宇陀山地は傾動地塊で、南端は高見山、三峰山など1000メートル以上の山嶺(さんれい)が東西に続き、北部は室生(むろう)火山群の噴出岩が広い面積を占め、屏風(びょうぶ)岩、兜(かぶと)岩、鎧(よろい)岩などの奇観をみる。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇陀山地の言及

【高見山地】より

…奈良・三重県境中北部を東西に走る山地で,宇陀山地ともいう。主峰高見山(1249m)や三峰(みうね)山(1236m)など標高1000m級の峰が連なる。…

※「宇陀山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇陀山地の関連キーワード宇陀川野坂山地竜門山地宇陀市伊那佐の山燃広がる宇陀路大宇陀宇陀路室生菟田野[町]大宇陀[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇陀山地の関連情報