コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我廼家十吾 そがのや じゅうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我廼家十吾 そがのや-じゅうご

1891-1974 明治-昭和時代の舞台俳優。
明治24年12月4日生まれ。39年曾我廼家十郎の弟子となり,文福を名のる。昭和3年2代渋谷天外らと松竹家庭劇をおこし,十吾と改名。戦後,松竹新喜劇を結成。おばあさん役を得意とした。茂林寺(もりんじ)文福の筆名でおおくの脚本をかいた。昭和49年4月7日死去。82歳。兵庫県出身。本名は西海(さいかい)文吾。名は「とおご」とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の曾我廼家十吾の言及

【松竹新喜劇】より

…旗揚げは1948年12月,大阪の中座で,以後もそこを本拠として活動し現在に至っている。旗揚げのプログラムは茂林寺文福(もりんじぶんぷく)こと曾我廼家十吾(そがのやとおご)(1892‐1974)と館直志(たてなおし)こと渋谷天外合作《丘の一本杉》,和老亭当郎(わろうていとうろう)こと曾我廼家十郎作《手》,一堺漁人(いつかいぎよじん)こと曾我廼家五郎作《嵯峨野の雪》ほかであった。参加メンバーには渋谷天外,曾我廼家十吾,浪花(なにわ)千栄子(1907‐73),藤山寛美(かんび)(1929‐90),曾我廼家大磯,曾我廼家明蝶(めいちよう),曾我廼家五郎八,曾我廼家鶴蝶(つるちよう)らがいる。…

※「曾我廼家十吾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

曾我廼家十吾の関連キーワード渋谷天外(2代)渋谷天外(2世)昭和時代明治

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android