コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾根権太夫 そね ごんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾根権太夫 そね-ごんだゆう

1649-1720 江戸時代前期-中期の武士。
慶安2年生まれ。武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)の家老。元禄(げんろく)7年藩主柳沢吉保(よしやす)の命により入間(いるま)郡の武蔵野台地の開発に着手。井戸をほり,道をつくり,寺院を建立し,9年三富(さんとめ)新田(所沢市,三芳町)をひらいた。享保(きょうほう)5年7月1日死去。72歳。名は貞刻(さだとき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

曾根権太夫の関連キーワード三富新田

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android