コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾良 そら

世界大百科事典 第2版の解説

そら【曾良】

1649‐1710(慶安2‐宝永7)
江戸前期の俳人。姓は岩波,名は正字(まさたか),通称は庄右衛門。《おくのほそ道》には河合惣五郎という名を記す。信濃国上諏訪の人。若くして伊勢長島藩に仕える。延宝年間(1673‐81)に江戸に出,1683年(天和3)夏ころ芭蕉に入門。85年(貞享2)秋ころ致仕し,深川に住んだ。87年の“鹿島詣”,89年(元禄2)の“おくのほそ道”の旅で芭蕉に随行した。また,吉川惟足に神道を学んだともいう。巡回使に従って旅の途中,壱岐勝本で客死

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

曾良の関連キーワードおくの細道杉浦正一郎河合曾良蕉門十哲岩波其残奥の細道藤森素檗宗波

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曾良の関連情報