コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最蔵坊 さいぞうぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最蔵坊 さいぞうぼう

?-1648 江戸時代前期の僧。
毛利秀元(もうり-ひでもと)につかえた武将。関ケ原の戦いののち僧となる。諸国をめぐり,土佐(とさ)(高知県)室戸岬にある空海ゆかりの最御崎(ほつみさき)寺を再興。藩主山内忠義(やまのうち-ただよし)の命により,同地の津呂(つろ)港の改修をおこなった。慶安元年9月5日死去。石見(いわみ)(島根県)出身。俗名は小笠原一学。通称は最勝上人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

最蔵坊の関連キーワード毛利秀元

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android