コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最高価格法 さいこうかかくほう Maximum

翻訳|Maximum

1件 の用語解説(最高価格法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最高価格法
さいこうかかくほう
Maximum

フランス革命中の 1793年9月,貧民の生活安定のため必需品,賃金などの最高価格を設けた山岳派政府の経済統制法。穀物 (1793.5.) や燃料 (93.8.) の最高価格法はすでに公布されていたが,不完全で民衆の困窮はさらにひどく,9月,砂糖,肉その他 39品目の公定価格,違反者に対する処罰などのほか,賃金の最高価格の公定,賃金要求の禁止,就労の強制などを含む一般最高価格法が制定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の最高価格法の言及

【恐怖政治】より

…93年3月10日に創設されていた革命裁判所は,同年9月に制定された反革命容疑者法に基づいて大量に投獄された反対派(反革命的な貴族や聖職者,ジロンド派,反革命内乱参加者など)の多数を迅速に断頭台に送った。経済政策としては,民衆の生活を安定させるための価格統制(最高価格法)や食糧の徴発などが励行されたほか,亡命貴族の財産が没収され,同時期には反革命容疑者の財産を没収する法律(バントーズ法)さえもが可決された。同時期に,山岳派内部に分派闘争が生じて,ロベスピエール派が左翼のエベール派と右翼のダントン派を処刑し,恐怖政治は最高潮に達したが,同年7月27日(テルミドール9日)にロベスピエールが失脚,恐怖政治は終りを告げた。…

※「最高価格法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

最高価格法の関連キーワードオーラール三色旗フランス大革命コルデー《1789年――フランス革命序論》フランス革命議会《フランス革命史》(カーライル)《フランス革命史》(ティエール)《フランス革命の省察》《フランス革命の政治史》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone