コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月海元昭 げっかい げんしょう

1件 の用語解説(月海元昭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月海元昭 げっかい-げんしょう

1675-1763 江戸時代中期の茶人,僧。
延宝3年5月16日生まれ。黄檗(おうばく)宗。郷里の肥前蓮池(はすのいけ)(佐賀県)竜津寺の化霖道竜(けりん-どうりゅう),山城(京都府)万福寺の独湛性瑩(どくたん-しょうけい)らに師事。のち還俗(げんぞく)して京都で煎茶をうり,売茶翁(ばいさおう)とよばれた。寛保(かんぽう)2年高遊外(こう-ゆうがい)と称した。煎茶道の祖とされる。宝暦13年7月16日死去。89歳。俗姓は柴山。著作に「梅山種茶譜略」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の月海元昭の言及

【売茶翁】より

…江戸中期の黄檗宗の僧。肥前国(佐賀県)蓮池に生まれた。俗姓柴山氏。僧号月海,諱(いみな)は元昭,晩年は還俗して高遊外と自称した。煎茶人として知られ,煎茶の中興といわれ,また本朝煎茶の茶神とまで称賛される。12歳のとき肥前竜津寺で同寺開山の化霖道竜につき出家,ついで化霖の師万福寺の独湛性瑩(しようけい)に師事し禅の修行に励んだ。その後諸国行脚(あんぎや)の志をたてて旅に出,陸奥仙台の万寿寺で月耕道稔に参じたのをはじめ広く臨済,曹洞の禅僧に参禅し,のち竜津寺化霖のもとに帰った。…

※「月海元昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月海元昭の関連キーワード磯甚蔵岡田道竹尾関長伝小野庸山河井守清川上宗什清水道茂玉川宗重津田外記渡辺立庵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone