コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗山 おうばくさんHuang-bo-shan

4件 の用語解説(黄檗山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄檗山
おうばくさん
Huang-bo-shan

中国福建省安渓県の山名。樹皮が薬用,染料となる黄蘗(→キハダ)という樹木を多く産するところから,この名がある。唐の貞元5 (789) 年正幹禅師がここに般若堂を創建。その後希運禅師が出て黄檗の名を有名にし,宋代には臨済宗の大道場として繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうばく‐さん〔ワウバク‐〕【黄檗山】

中国福建省東部の福清県にある山。福建寺(のち万福寺と改称)が開かれて唐・宋・明代にわたり栄えた。
中国、万福寺の山号。また、その住持の隠元が来日して宇治市に建立した万福寺の山号。→万福寺

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

黄檗山【おうばくさん】

万福寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうばくさん【黄檗山 Huáng bò shān】

(1)中国の福建省福清県にある禅院。寺名を万福寺という。唐代盛期に正幹が開創し,希運が出家したことで知られる。宋以後,衰亡するが,明代に再興されて,臨済禅の代表的な道場となり,江戸時代この寺の住持隠元隆琦が,日本に来て宇治に黄檗山を開くことから,日本黄檗宗の祖山となる。(2)江西省瑞州府新昌県の西部にあり,鷲峰という。希運が福州の黄檗にならって開創,宋代に盛大となるが,現状は不明。(3)京都市の南郊,宇治市五ヶ庄にある,日本黄檗宗の本山。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄檗山の関連情報