コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗山 おうばくさんHuang-bo-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄檗山
おうばくさん
Huang-bo-shan

中国福建省安渓県の山名。樹皮が薬用,染料となる黄蘗(→キハダ)という樹木を多く産するところから,この名がある。唐の貞元5 (789) 年正幹禅師がここに般若堂を創建。その後希運禅師が出て黄檗の名を有名にし,宋代には臨済宗の大道場として繁栄。元の時代に一時衰えたが,明の神宗から「万福禅寺」という勅額と蔵経全部と帑金 (どきん) を賜りそれによって諸堂を重建した。隠元隆琦が住んで一時盛んになったが,のち衰退した。承応3 (1654) 年隠元が清の乱を避け,長崎崇福寺の逸然らの懇請によって訪日し,山城国宇治に黄檗山と同規模の堂宇を建立し名称も同じく黄檗山万福寺とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうばく‐さん〔ワウバク‐〕【黄檗山】

中国福建省東部の福清県にある山。福建寺(のち万福寺と改称)が開かれて唐・宋・明代にわたり栄えた。
中国、万福寺の山号。また、その住持の隠元が来日して宇治市に建立した万福寺の山号。→万福寺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おうばくさん【黄檗山 Huáng bò shān】

(1)中国の福建省福清県にある禅院。寺名を万福寺という。唐代盛期に正幹が開創し,希運が出家したことで知られる。宋以後,衰亡するが,明代に再興されて,臨済禅の代表的な道場となり,江戸時代この寺の住持隠元隆琦が,日本に来て宇治に黄檗山を開くことから,日本黄檗宗の祖山となる。(2)江西省瑞州府新昌県の西部にあり,鷲峰という。希運が福州の黄檗にならって開創,宋代に盛大となるが,現状は不明。(3)京都市の南郊,宇治市五ヶ庄にある,日本黄檗宗の本山。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

黄檗山の関連キーワード黄檗料理・黄蘗料理黄檗宗・黄蘗宗福山暁庵逸然性融黄檗千呆普茶料理高泉性潡黄檗玉田黄檗慈光黄檗大雄黄檗木庵黄檗即非黄檗大鵬黄檗悦山黄檗独文黄檗鶴亭密雲円悟黄檗直翁大潮元皓大鵬正鯤

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄檗山の関連情報