コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有りがたうさん(読み)アリガトウサン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有りがたうさん
ありがとうさん

日本映画。1936年(昭和11)、川端康成(かわばたやすなり)の短編『有難う』を原作に、清水宏(しみずひろし)が脚本・監督した松竹作品。南伊豆の村々を結ぶ路線バスの運転手“有りがとうさん”(上原謙(うえはらけん)、1909―1991)は、バスに道を譲る人々や動物に「有りがとう」と声をかけながら走る心優しい若者。彼は、東京へ売られていく娘とその老母、流れ者の粋(いき)な酌婦(桑野通子(くわのみちこ)、1915―1946)をはじめ、曰(いわ)くありげな乗客たちを乗せて出発するが、道路工事の現場を移動し続ける朝鮮人一家など、道中で接する貧しい人々の悲哀に胸を痛め、売られていく娘に心を砕く。全編みずみずしいロケーション撮影で、のどかな伊豆の自然を背景に、バスの乗客と道行く人々の人生を詩情豊かに描きだした先駆的なロード・ムービー。車内のドラマも、乗客間のやりとりやバック・ミラーを効果的に使った視線の提示を通して、“有りがとうさん”を含めたそれぞれの心情を丁寧に描くなど、演技主体の演出法とは対照的な「実写的精神」と評された清水話法を確認できる。[冨田美香]
『佐藤忠男著『日本映画の巨匠たち1』(1996・学陽書房) ▽田中眞澄・木全公彦・佐藤武・佐藤千広編著『映畫読本 清水宏』(2000/改訂版2009・フィルムアート社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例