コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有井浮風 ありい ふふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有井浮風 ありい-ふふう

1702-1762 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)15年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)直方(のおがた)藩士。志太野坡(しだ-やば)にまなぶ。病のため致仕,大坂にでて師の無名庵をまもり,医を業とする。のち各地を遊歴。没後,妻の有井諸九尼(しょきゅうに)により追善集「その行脚集」が出版された。宝暦12年5月17日死去。61歳。通称は軍治義保。別号に湖白庵,千鳥庵。編著に「誹諧(はいかい)窓之春」「朱白集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

有井浮風の関連キーワードまん女諸九尼浮風

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android