コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機リン化合物 ゆうきリンかごうぶつorganophosphorus compound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機リン化合物
ゆうきリンかごうぶつ
organophosphorus compound

リンを含む有機化合物の総称。この場合,リン原子が炭素原子と直接結合しているものと,リン酸エステルとして結合しているものとがあり,自然界に存在しているのはおもに後者である。リンが核酸あるいは各種補酵素類の構成元素の一つであることや,有機リン化合物のうちに農薬として有効なものがあることが明らかにされてから,この化学は近年著しく進歩した。炭素原子とリン原子が直接結合しているものとしてよく知られているものにホスフィン,ホスフィンオキシド,ビホスフィン,ホスホニウム塩,ホスフィン酸,ホスホン酸,ホスホラン,アルキリデンホスホランなどのホスフィン誘導体がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

有機リン化合物

 有機リン剤ともいう(特に農薬の場合).リンを構成元素とする有機化合物.特に神経毒であるサリン,タブン,殺虫剤などに使われるリンを含む農薬であるパラチオン,テトラエチルピロリン酸,マラチオンなどが問題になる場合がある.抗コリンエステラーゼ作用を有するものが多い.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

有機リン化合物の関連キーワードガスクロマトグラフィーイオン選択電極有機リン殺虫剤リン(燐)中毒リン(元素)有害物質テナール集団中毒PAM毒ガス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有機リン化合物の関連情報