コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機リン化合物 ゆうきリンかごうぶつ organophosphorus compound

2件 の用語解説(有機リン化合物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機リン化合物
ゆうきリンかごうぶつ
organophosphorus compound

リンを含む有機化合物の総称。この場合,リン原子が炭素原子と直接結合しているものと,リン酸エステルとして結合しているものとがあり,自然界に存在しているのはおもに後者である。リンが核酸あるいは各種補酵素類の構成元素の一つであることや,有機リン化合物のうちに農薬として有効なものがあることが明らかにされてから,この化学は近年著しく進歩した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

有機リン化合物

 有機リン剤ともいう(特に農薬の場合).リンを構成元素とする有機化合物.特に神経毒であるサリンタブン,殺虫剤などに使われるリンを含む農薬であるパラチオン,テトラエチルピロリン酸マラチオンなどが問題になる場合がある.抗コリンエステラーゼ作用を有するものが多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有機リン化合物の関連キーワード天然有機化合物有機塩素剤有機スズ化合物無機酸有機物有機燐剤根岸カップリング反応マクロライドヒ素化合物有機塩素殺虫剤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有機リン化合物の関連情報