有閑階級(読み)ユウカンカイキュウ

大辞林 第三版の解説

ゆうかんかいきゅう【有閑階級】

資産があり、生産的労働を行わず、ひまな時間を非生産的消費に費やす階級。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうかん‐かいきゅう イウカンカイキフ【有閑階級】

〘名〙 多くの資産があって余裕があり、生活のための職業につく必要もなく、閑暇を趣味、娯楽などで費やしている階級。
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉五「田原のやうな有閑階級には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の有閑階級の言及

【金利生活者】より

…金銭の貸借は古くから行われていたから金利生活者の存在もそれとともに古いが,18世紀以来,貸幣経済が広がり深まるとともに産業(=勤勉=インダストリー)が発展し,工業・商業中心の経済観が支配的となるなかで,年金,地代,配当,公債利子などの収入で暮らす金利生活者は寄生的・退嬰的イメージをもつにいたった。 金利生活者は〈働かずに食べていける〉人々だともいわれ,その生活ぶりは典型的にはベブレンのいう〈有閑階級〉である(《有閑階級の理論》1899)。すなわち無為,怠惰,有閑の印象を与える一方では,消費生活は奢侈(しやし),浪費的であり,金銭的活動においては計算高く,抜け目なく,詐術的でさえある。…

※「有閑階級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android