コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有閑階級 ユウカンカイキュウ

2件 の用語解説(有閑階級の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうかん‐かいきゅう〔イウカンカイキフ〕【有閑階級】

財産があり、生産的労働につかず、閑暇を社交や娯楽などに費やしている階級。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の有閑階級の言及

【金利生活者】より

…金銭の貸借は古くから行われていたから金利生活者の存在もそれとともに古いが,18世紀以来,貸幣経済が広がり深まるとともに産業(=勤勉=インダストリー)が発展し,工業・商業中心の経済観が支配的となるなかで,年金,地代,配当,公債利子などの収入で暮らす金利生活者は寄生的・退嬰的イメージをもつにいたった。 金利生活者は〈働かずに食べていける〉人々だともいわれ,その生活ぶりは典型的にはベブレンのいう〈有閑階級〉である(《有閑階級の理論》1899)。すなわち無為,怠惰,有閑の印象を与える一方では,消費生活は奢侈(しやし),浪費的であり,金銭的活動においては計算高く,抜け目なく,詐術的でさえある。…

※「有閑階級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有閑階級の関連情報