コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬新一 ありま しんいち

2件 の用語解説(有馬新一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬新一 ありま-しんいち

1851-1909 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)4年1月26日生まれ。海軍兵学寮第1期の卒業生。操艦の名手として知られた。明治35年海軍中将。艦政本部長,第一艦隊司令長官,佐世保鎮守府司令長官などを歴任した。明治42年12月6日死去。59歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。旧姓は簗瀬(やなせ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

有馬新一

没年:明治42.12.6(1909)
生年:嘉永4.1.26(1851.2.26)
明治期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士の子。初め簗瀬新之丞,のち有馬家を継いで新一と改名。明治7(1874)年,兵学寮第1期生中首席で卒業し少尉補。8年米国に航海する。10年西南戦争では「筑波」に乗り組んだ。15年大尉。23年高等軍法会議判士長,大佐。日清戦争で戦艦「金剛」の艦長を務め,戦利艦「鎮遠」回航委員長。28年海防艦「橋立」艦長となり,功4級旭日小綬章を受ける。30年9月英国で竣工した1万2500tの戦艦「八島」回航委員長としてスエズ運河を見事通過させ操艦の名手として知られる。33年北清事変には艦隊司令官,日露戦争では海軍教育本部長,艦政本部長,呉鎮守府司令長官を務めた。35年中将に進み,36年東京軍法会議判士長。39年第1艦隊司令長官に就任。40年男爵。42年佐世保鎮守府司令長官在職中に死去。<参考文献>下竹原弘志『熱き薩摩の群像700名』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有馬新一の関連キーワード伊集院兼寛伊地知彦次郎伊集院五郎伊集院俊実吉安純野間口兼雄橋元正明服部雄吉原田宗介真木長義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone