望月太之助(読み)もちづき たのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月太之助 もちづき-たのすけ

1830-1907 江戸後期-明治時代の歌舞伎囃子(はやし)方。
天保(てんぽう)元年生まれ。6代望月太左衛門の名跡を同門の弟子たちとあらそい,江戸を去って甲府で音曲の師匠となる。9代市川団十郎に音曲を指南,また中絶していた長唄の「小鍛冶(こかじ)」を再興した。明治40年2月2日死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android