コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月太之助 もちづき たのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月太之助 もちづき-たのすけ

1830-1907 江戸後期-明治時代の歌舞伎囃子(はやし)方。
天保(てんぽう)元年生まれ。6代望月太左衛門の名跡同門の弟子たちとあらそい,江戸を去って甲府で音曲の師匠となる。9代市川団十郎に音曲を指南,また中絶していた長唄の「小鍛冶(こかじ)」を再興した。明治40年2月2日死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

望月太之助の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android