朝倉三四郎(読み)あさくら さんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉三四郎 あさくら-さんしろう

1847-1865 幕末の武士。
弘化(こうか)4年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士朝倉源太郎の弟。元治(げんじ)元年の天狗(てんぐ)党の乱では,松平頼徳(よりのり)にしたがって那珂湊(なかみなと)で諸生党の軍とたたかう。兄とともに武田耕雲斎の隊と合流して京都にむかう途中,越前(えちぜん)で加賀金沢藩に降伏,元治2年2月23日敦賀(つるが)で処刑された。19歳。名は景敏。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android