朝夷巡島記(読み)あさひなしまめぐりのき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝夷巡島記(あさひなしまめぐりのき)
あさひなしまめぐりのき

江戸時代の読本(よみほん)。曲亭馬琴作、歌川豊広(とよひろ)挿絵。30巻30冊。初編は1815年(文化12)、2編は1817年、3編は1819年(文政2)、4編は1821年、5編は1822年、6編は1828年に大坂の河内(かわち)屋太助から刊行された。中絶後の7編、8編は松亭金水が継続して、1855年(安政2)、1858年に刊行。木曽義仲(きそよしなか)と鞆絵(ともえ)の遺児阿三丸(あざまる)は安房(あわ)朝夷で乳母(うば)栞手(しおりで)に養育され、文武の道を励み、朝夷三郎義秀と名のる。義秀は源範頼(のりより)の遺児吉見冠者義邦(よしみかんじゃよしくに)と親友となり、2人は刀野時夏(たちのときなつ)、修羅五郎経任(しゅらごろうつねとう)の奸計(かんけい)に苦しめられるが、これを討ち、また義秀は北条時政(ときまさ)父子の陰謀を面責して義邦の窮地を助ける。この後の構想が第6編末尾に示されているが、それは建保(けんぽう)の和田合戦のおりに義秀を脱出させて、諸島を巡歴させるというもので、史上不遇の英雄を順境に転じさせる意図に基づいていた。中国清(しん)代の白話(はくわ)小説『快心編』に学んだ雄大緻密(ちみつ)な構成は高い評価を得ている。[徳田 武]
『『朝夷巡島記』(博文館・続帝国文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android