コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝夷巡島記 アサヒナシマメグリノキ

デジタル大辞泉の解説

あさひなしまめぐりのき【朝夷巡島記】

読本。6編29巻。曲亭馬琴著。歌川豊広画。文化12年~文政10年(1815~27)刊。中国の小説「快心編」に学び、安房(あわ)で育った木曽義仲の子朝夷三郎の一代記を描いたもの。あさいなじゅんとうき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさひなしまめぐりのき【朝夷巡島記】

読本。六編三〇巻。曲亭(滝沢)馬琴作。歌川豊広画。1815~27年刊。鞆絵(巴)御前の子、朝比奈義秀を主人公とした歴史小説。中絶後、七・八編が松亭金水によって補作された。あさいなじゅんとうき。朝夷巡島記全伝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝夷巡島記の関連キーワード朝夷巡島記(あさひなしまめぐりのき)朝夷巡島記(あさいなじゅんとうき)朝比奈義秀小人説話殿村安守松亭金水読本

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android