コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝島遺跡 ちょうとういせきChodo‐yujŏk

1件 の用語解説(朝島遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうとういせき【朝島遺跡 Chodo‐yujŏk】

韓国,慶尚南道釜山直轄市影島区東三洞にある,櫛目文土器(新石器)時代から原三国(初期鉄器,金海)時代にわたる貝塚と墳墓の遺跡。遺跡は,釜山港内の朝島の西岸の2ヵ所に位置し,1973年に発掘された。北側の第I地区では,原三国時代の貝層を主体として,三つの層位が堆積していた。最下層のIII層からは,褐色の無文土器主として赤褐色・軟質の陶質土器も出土し,磨製石器などを伴出している。また野外用の炉跡と推定される焼土と配石がそれぞれ1ヵ所ずつ見つかっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone