コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日生命保険[相互会社] あさひせいめいほけん

百科事典マイペディアの解説

朝日生命保険[相互会社]【あさひせいめいほけん】

旧古河系の大手生命保険会社。1888年海軍主計官・加唐為重の発案により,(有)帝国生命保険として設立。1891年株式会社に改組。1910年代,経営安定のため古河財閥の傘下に入る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の朝日生命保険[相互会社]の言及

【日本生命保険[相互会社]】より

…1889年当時の第百三十三国立銀行頭取弘世(ひろせ)助三郎(1843‐1913)により,有限責任日本生命保険として大阪に設立された。生命保険会社としては明治生命保険相互会社(1881設立),朝日生命保険相互会社(1888設立。当時は有限責任帝国生命保険会社)に次いで3番目に古い。…

※「朝日生命保険[相互会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

朝日生命保険[相互会社]の関連キーワードチェーホフWilhelmウィルヘルムプルジェワリスキー内閣総理大臣ウィルヘルム[1世]オリファントキーナンダレスハラタマ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android