コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルジェワリスキー プルジェワリスキー Przheval'skii, Nikolai Mikhailovich

3件 の用語解説(プルジェワリスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルジェワリスキー
プルジェワリスキー
Przheval'skii, Nikolai Mikhailovich

[生]1839.4.12. スモレンスク
[没]1888.11.1. カラコル
ロシアの探検家,帝政ロシアの将校。 1867~69年のウスリー地方探検のあと,陸軍とロシアの地理学協会との援助で 1870~73,1876~77,1879~80,1883~85年の4回に及ぶ内陸アジア探検を敢行,野生のラクダやウマ (プルジェワリスキーウマ ) は彼の発見したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プルジェワリスキー

ロシアの地理学者中央アジア探検家。1867年―1888年,アジア奥地を5度にわたり探検旅行,多くの山脈,湖沼,動植物を初めて記述した。なかでも彼の名を冠する野生のウマは有名。
→関連項目イシク・クル[湖]コズロフヘディン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プルジェワリスキー【Nikolai Mikhailovich Przheval’skii】

1839‐88
ロシアの中央アジア探検家。陸軍大学出身の軍人で,最初の任地ワルシャワから志願してシベリア軍管区に転勤し,1867‐69年に沿海州ウスリー地方の調査を行った。70‐73年にはモンゴルと中国を探検して名著《モンゴルとタングート人の国》(1875‐76)を発表して注目された。ひきつづき76‐77年にはジュンガリアを踏査してロブ・ノールの位置を確定し,79年以降2度にわたってチベットへおもむいた。5度目の中央アジア探検に出発した直後イシク・クル湖近くで死亡した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プルジェワリスキーの関連キーワード大谷探検隊クロパトキンコズロフ橘瑞超中央アジアヘディンプルジェバリスキー中央アジアの草原にて中央アジア探検《中央アジアの草原にて》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone