コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルジェワリスキー Przheval'skii, Nikolai Mikhailovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルジェワリスキー
Przheval'skii, Nikolai Mikhailovich

[生]1839.4.12. スモレンスク
[没]1888.11.1. カラコル
ロシアの探検家,帝政ロシアの将校。 1867~69年のウスリー地方探検のあと,陸軍とロシアの地理学協会との援助で 1870~73,1876~77,1879~80,1883~85年の4回に及ぶ内陸アジア探検を敢行,野生のラクダやウマ (プルジェワリスキーウマ ) は彼の発見したもの。 1888年第5次探検準備中カラコルで病死。著書は『ウスリー紀行』 Puteshestvie v Ussuriiskom krae (1870) ,『蒙古とタングート人の国』 Mongoliya i strana tangutov (2巻,1875,1876) ,『ロプノール紀行』 Ot Kul'dzhi za Tyan'-Shyan' i na Lob-nor (1879) ,『キャフタから黄河源流へ』 Ot Kyakhty na istoki Zhëltoi reki (1888) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プルジェワリスキー

ロシアの地理学者。中央アジア探検家。1867年―1888年,アジア奥地を5度にわたり探検旅行,多くの山脈,湖沼,動植物を初めて記述した。なかでも彼の名を冠する野生のウマは有名。
→関連項目イシク・クル[湖]コズロフヘディン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プルジェワリスキー【Nikolai Mikhailovich Przheval’skii】

1839‐88
ロシアの中央アジア探検家。陸軍大学出身の軍人で,最初の任地ワルシャワから志願してシベリア軍管区に転勤し,1867‐69年に沿海州ウスリー地方の調査を行った。70‐73年にはモンゴルと中国を探検して名著《モンゴルとタングート人の国》(1875‐76)を発表して注目された。ひきつづき76‐77年にはジュンガリアを踏査してロブ・ノールの位置を確定し,79年以降2度にわたってチベットへおもむいた。5度目の中央アジア探検に出発した直後イシク・クル湖近くで死亡した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

プルジェワリスキーの関連キーワードプシバルスキーウマロボロフスキープラハ動物園パリ動物園ドルジェフペフツォフ繁殖貸与

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android