朝集帳(読み)ちょうしゅうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝集帳
ちょうしゅうちょう

朝集使に付する四度公文 (よどのくもん) の一つ。国司郡司考文 (1年間の施政報告書) のほか,枝文 (えだぶみ) と呼ばれる僧尼死亡帳,兵士歴名簿,国郡器仗帳,防人営種苗子帳,官私船帳,計会帳,馳駅帳などがあった。平安時代以後枝文のほうに重点がおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうしゅうちょう【朝集帳】

律令制で、国司が毎年朝集使に付して太政官だいじようかんに提出した国内の政務報告書類。国・郡の官人の勤務評定書・兵士歴名簿・計会帳など多くの雑公文の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる