朝集帳(読み)ちょうしゅうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝集帳
ちょうしゅうちょう

朝集使に付する四度公文 (よどのくもん) の一つ。国司郡司考文 (1年間の施政報告書) のほか,枝文 (えだぶみ) と呼ばれる僧尼死亡帳,兵士歴名簿,国郡器仗帳,防人営種苗子帳,官私船帳,計会帳,馳駅帳などがあった。平安時代以後枝文のほうに重点がおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうしゅうちょう【朝集帳】

律令制で、国司が毎年朝集使に付して太政官だいじようかんに提出した国内の政務報告書類。国・郡の官人の勤務評定書・兵士歴名簿・計会帳など多くの雑公文の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうしゅう‐ちょう テウシフチャウ【朝集帳】

〘名〙 令制で、四度の公文の一つ。国衙から毎年中央政府へ提出された、管内の政務報告の書類。朝集公文。→朝集使
延暦交替式(803)延暦一九年九月一六日「自今以後、惣計池堰、載朝集帳、毎年申官」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android