コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延暦交替式(読み)えんりゃくこうたいしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延暦交替式
えんりゃくこうたいしき

正しくは『撰定交替式』。延暦 22 (803) 年2月,地方官 (国司) の交代の際における事務引継ぎの手続や責任の所在などを規定した法令。1巻。菅野真道ほか編。大津市の石山寺に平安時代初期の写本がある。貞観9 (867) 年の『貞観交替式』および延喜 21 (921) 年の『延喜交替式』とともに,律令制度下の官吏の交代を規定した法令としては貴重な史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android