コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下良順 きのした りょうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下良順 きのした-りょうじゅん

1893-1977 昭和時代の病理学者。
明治26年9月17日生まれ。北海道帝大教授をへて昭和9年大阪帝大教授。22年大阪市立医大の創立につくし,学長。24年渡米し,のちシティー-オブ-ホープ医学研究所の創設にかかわり,所長をつとめた。バタ・イエロー投与によるラット肝癌(かんがん)発生の研究で知られる。昭和52年9月7日死去。83歳。和歌山県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木下良順の関連キーワード昭和時代病理学者

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android