コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木隆興 ささき たかおき

7件 の用語解説(佐々木隆興の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐々木隆興

内科医学者。東京生。東大卒。京大医科教授を経て杏雲堂医院三代目院長に就任。癌研究会研究所所長・結核予防会結核研究所所長。多くの優れた業績を残し、二度学士院恩賜賞を受けた。文化功労者文化勲章受章。昭和41年(1966)歿、78才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

佐々木隆興【ささきたかおき】

医学者。東京生れ。1902年東大卒,生化学を専攻,1905年―1910年ドイツに留学,1913年―1916年京大教授,1916年父祖代々の杏雲堂院長となったが,診療とともに研究を続け,1924年にタンパク質アミノ酸の研究に対し,また1936年にアゾ化合物による人工肝臓癌(がん)の研究に対し,2度にわたり学士院恩賜賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木隆興 ささき-たかおき

1878-1966 明治-昭和時代の医学者。
明治11年5月5日生まれ。京都帝大教授をへて杏雲堂(きょううんどう)医院院長。昭和14年佐々木研究所を創設し,所長。癌(がん)研究会癌研究所長,結核予防会結核研究所長もつとめる。アミノ酸の研究,吉田富三との肝臓癌生成実験の成功により,学士院恩賜賞を2度受賞。15年文化勲章。昭和41年10月31日死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ささきたかおき【佐々木隆興】

1878‐1966(明治11‐昭和41)
生化学者,病理学者。東京に生まれる。1902年東京帝国大学医科大学を卒業後,同大学教授隈川宗雄のもとで医化学を専攻した。05年ドイツに私費留学,はじめシュトラスブルク大学で生化学を,ついでベルリン大学に移って有機化学実験病理学,内科学を学び,10年帰国。13年京都帝国大学医科大学第一内科講座教授となったが,16年辞し,伯父で養祖父の佐々木東洋が創設した東京の杏雲堂病院の3代目院長となり,41年まで診療に従事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ささきたかおき【佐々木隆興】

1878~1966) 医学者。東京生まれ。人工癌研究の先駆者。杏雲堂医院院長。佐々木研究所・癌研究所・結核研究所各所長を歴任。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木隆興
ささきたかおき

[生]1878.5.5. 東京
[没]1966.10.31. 東京
医学者。東京帝国大学医科大学卒業 (1902) ,同大学院,ストラスブール大学,ベルリン大学で研究を重ね,1913年京都大学医学部教授。 16年退職して父祖代々の杏雲堂医院長を継ぐかたわら,佐々木研究所を設立,生化学を中心とする研究を続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木隆興
ささきたかおき
(1878―1966)

医学者。佐々木東溟(とうめい)の二男として東京・本所(ほんじょ)で生まれ、帝国大学医科大学教授佐々木政吉(1855―1939)の養子となり、1902年(明治35)東京帝国大学医科大学を卒業、医化学を専攻。1905年ドイツに私費留学し、ベルリン大学でエミール・フィッシャーに師事して1910年帰国、東京神田駿河台(するがだい)の杏雲堂(きょううんどう)医院副院長となり、同時に私設の佐々木研究所で実験を続けた。1913年(大正2)請われて3年間の約束で京都帝国大学医科大学教授に就任し内科学を担当。腎臓(じんぞう)炎と血圧亢進(こうしん)の関係を明らかにし、日本で初めて血圧測定の必要性を力説した。1916年杏雲堂医院の3代目院長となり研究所も再開。1924年、アミノ酸の細菌による分解とアミノ酸の合成に関する研究で帝国学士院恩賜賞を受賞。さらに化学的形態病理学を提唱して癌(がん)研究を進め、吉田富三の協力でオルトアミノアツォトルオールの経口的投与によりラットに人工肝癌をつくることに成功、1936年(昭和11)ふたたび学士院恩賜賞を受けた。1940年医学者として初めて文化勲章を受章。独立独歩の研究生活を貫いて業績をあげ、また漢学の素養が深く、北辰(ほくしん)一刀流の目録を授かった剣士でもあり、ドイツ留学中にフェンシングの名手になったという文武両道の達人であった。[本田一二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐々木隆興の言及

【癌】より

…この成功に力を得て,イギリスの化学者グループが癌原物質の探索を精力的に行い,28年,ケナウェーE.Kennaway(1881‐1958)は合成炭化水素1,2,5,6‐ジベンズアントラセンの癌原性を明らかにし,33年にはクックJ.Cookがタール中の癌原物質が3,4‐ベンツピレンであることをつきとめた。他方,佐々木隆興と吉田富三は1932年,アゾ色素の一種であるo‐アミノアゾトルエンを飼料に混ぜてラットに与え,肝臓癌を発生させることに成功した。これは,単一の化学物質を,経口的に与えて,肝臓という実質臓器に,上皮性悪性腫瘍を発生させたという,どの1点をとっても画期的な実験であった。…

【吉田富三】より

…福島県生れ。東大卒業後佐々木研究所に入り,佐々木隆興とともに発癌実験に従事し,ラットの肝臓癌発生に成功,さらに,移植しても発癌性を維持し,実験癌として研究に利用できるような,ラットの腹水癌を発見,これが〈吉田肉腫〉と命名された。これらの業績で2度の学士院恩賜賞(佐々木隆興とともに1936年,および53年)を受け,1951年に朝日文化賞,59年には文化勲章を受章。…

※「佐々木隆興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone