コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾義高 きそよしたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曾義高
きそよしたか

[生]?
[没]元暦1(1184).4.21.
平安時代後期の武将。源義仲の子。『平家物語』では義重,『尊卑分脈』では義基,『吾妻鏡』では志水 (清水) 冠者。鎌倉に人質となり源頼朝の娘大姫を妻としたが,義仲戦死ののち,斬られた。彼を扱った作に御伽草子『木曾義高物語』 (『清水物語』『清水冠者』) ,滝沢馬琴読本『頼豪阿闍梨怪鼠伝』,番外謡曲などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

木曾義高の関連キーワード元暦

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android