木曾義高(読み)きそよしたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曾義高
きそよしたか

[生]?
[没]元暦1(1184).4.21.
平安時代後期の武将。源義仲の子。『平家物語』では義重,『尊卑分脈』では義基,『吾妻鏡』では志水 (清水) 冠者。鎌倉に人質となり源頼朝の娘大姫を妻としたが,義仲戦死ののち,斬られた。彼を扱った作に御伽草子『木曾義高物語』 (『清水物語』『清水冠者』) ,滝沢馬琴読本『頼豪阿闍梨怪鼠伝』,番外謡曲などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android