コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾街道六十九次 きそかいどうろくじゅうきゅうつぎ

世界大百科事典 第2版の解説

きそかいどうろくじゅうきゅうつぎ【木曾街道六十九次】

中山道が木曾谷を通る部分を木曾街道(木曾路)というが,広義には中山道全体をいう。中山道は江戸日本橋より発し信濃,美濃,近江を経由して京都三条大橋へと至る,東海道に次ぐ主要道路であった。この間草津から京都までは東海道と重なるため,草津までで69駅となる。この街道を主題とした浮世絵版画《木曾街道六十九次》は1835年(天保6)から渓斎英泉によって始められ,38年前後に歌川広重が参加,42年ころ完成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android