コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾街道六十九次 きそかいどうろくじゅうきゅうつぎ

1件 の用語解説(木曾街道六十九次の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きそかいどうろくじゅうきゅうつぎ【木曾街道六十九次】

中山道が木曾谷を通る部分を木曾街道(木曾路)というが,広義には中山道全体をいう。中山道は江戸日本橋より発し信濃,美濃,近江を経由して京都三条大橋へと至る,東海道に次ぐ主要道路であった。この間草津から京都までは東海道と重なるため,草津までで69駅となる。この街道を主題とした浮世絵版画《木曾街道六十九次》は1835年(天保6)から渓斎英泉によって始められ,38年前後に歌川広重が参加,42年ころ完成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木曾街道六十九次の関連キーワード木曾街道木曾川木曾山脈木曾谷木曾節木曾義仲妻籠中山道木曽街道園原旧富

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone