木曾街道(読み)きそかいどう

百科事典マイペディアの解説

木曾街道【きそかいどう】

中山道のうち木曾谷を通る部分で,木曾路ともいうが,広義には中山道全部をさす。狭義の木曾街道は鳥居峠の北の贄川(にえかわ)から奈良井,藪原,宮越,関所のある福島を経て,上松,須原,野尻,三留野,妻籠馬籠(まごめ)に至る11宿で,桟道(かけはしみち)とも呼ばれる中山道中の険路であった。ほぼ現在の国道19号線。
→関連項目妻籠奈良井寝覚ノ床

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きそ‐かいどう ‥カイダウ【木曾街道】

[一] 中山道(なかせんどう)の一部。信濃国(長野県)塩尻から美濃国(岐阜県)中津川までの街道。十一宿ある。→木曾路(きそじ)
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「此かい道はいふに及ばずきそかい道中山道」
[二] 中山道の異称。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「東山道とも言ひ、木曾街道六十九次とも言った駅路の一部がここだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android