木曾街道(読み)きそかいどう

精選版 日本国語大辞典「木曾街道」の解説

きそ‐かいどう ‥カイダウ【木曾街道】

[一] 中山道(なかせんどう)の一部。信濃国(長野県)塩尻から美濃国(岐阜県)中津川までの街道。十一宿ある。→木曾路(きそじ)
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「かい道はいふに及ばずきそかい道中山道」
[二] 中山道の異称。
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「東山道とも言ひ、木曾街道六十九次とも言った駅路の一部がここだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「木曾街道」の解説

木曾街道【きそかいどう】

中山道のうち木曾谷を通る部分で,木曾路ともいうが,広義には中山道全部をさす。狭義の木曾街道は鳥居峠の北の贄川(にえかわ)から奈良井,藪原,宮越,関所のある福島を経て,上松,須原,野尻,三留野,妻籠馬籠(まごめ)に至る11宿で,桟道(かけはしみち)とも呼ばれる中山道中の険路であった。ほぼ現在の国道19号線。
→関連項目妻籠奈良井寝覚ノ床

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android