コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾街道 きそかいどう

百科事典マイペディアの解説

木曾街道【きそかいどう】

中山道のうち木曾谷を通る部分で,木曾路ともいうが,広義には中山道全部をさす。狭義の木曾街道は鳥居峠の北の贄川(にえかわ)から奈良井,藪原,宮越,関所のある福島を経て,上松,須原,野尻,三留野,妻籠,馬籠(まごめ)に至る11宿で,桟道(かけはしみち)とも呼ばれる中山道中の険路であった。ほぼ現在の国道19号線。
→関連項目妻籠奈良井寝覚ノ床

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

木曾街道の関連キーワード歌川広重(初代)木曾街道六十九次東海道中膝栗毛江崎善左衛門愛知県小牧市高根[村]朝日[村]小牧[市]上松[町]伊那[市]歌川広重渓斎英泉小牧市軽衫境峠

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android