コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村吉清 きむら よしきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村吉清 きむら-よしきよ

?-1598 織豊時代の武将。
明智光秀,豊臣秀吉につかえる。小田原攻めの際の戦功により陸奥(むつ)の大崎氏,葛西(かさい)氏の所領30万石をあたえられ,登米(とよま)城(宮城県)にはいる。天正(てんしょう)18年大崎・葛西氏旧臣の一揆(いっき)が発生したとき,蒲生氏郷(がもう-うじさと),伊達政宗にすくわれたが,所領を没収され蒲生氏の家臣になった。慶長3年死去。通称は弥一右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

木村吉清

没年:慶長3(1598)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の家臣。元は明智光秀の臣。山崎の合戦以後に秀吉に従う。天正18(1590)年秀吉の小田原攻めに参陣。後北条氏を滅ぼしたのち,秀吉は奥州仕置を断行する。このとき吉清は大崎義隆,葛西晴信の旧領30万石を与えられ,登米城(宮城県登米町)に拠った。秀吉が奥羽の検地について厳しく指令したことにより,徹底的な検地が実施され始めると,奥羽の各地で太閤検地反対の一揆が起こった。もっとも激しかったのは,天正18年から翌年にかけて吉清の所領内で起きた一揆であり,これを葛西・大崎一揆という。このため吉清は所領の没収となるが,のち文禄3(1594)年に豊後国内に1万4000石を与えられた。

(伊藤喜良)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きむらよしきよ【木村吉清】

?‐1595か96(文禄4か慶長1)
安土桃山時代の武将。通称弥一右衛門尉,伊勢守。初名は清久。初め明智光秀の臣,のち豊臣秀吉に仕えた。1590年(天正18)小田原征伐の武蔵岩槻攻撃に参加,同年8月5000石から陸奥葛西・大崎旧領30万石を与えられ登米郡登米城に入ったが,葛西・大崎一揆の蜂起により翌年2月所領を収められ,蒲生氏郷の与力となり信夫郡福島城主。94年(文禄3)豊後国内に1万4000石を給された。【小林 清治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の木村吉清の言及

【大崎氏】より

…1590年小田原征伐に参陣せず,所領を没収されて滅亡した。同年遺臣たちが,あとに入った木村吉清に対する反乱を起こしている(葛西・大崎一揆)。戦国末期の居城は玉造郡名生(みよう)(現,宮城県古川市)。…

【葛西・大崎一揆】より

…16世紀末,陸奥国におきた地侍・農民の一揆。1590年(天正18)8月,豊臣秀吉の〈奥羽仕置〉によって葛西晴信,大崎義隆は改易となり,木村吉清が現在の宮城県北部から岩手県南部にわたる旧領12郡を与えられて登米(とよま)城に入った。10月初め加美郡で,伝馬役に反対する大崎旧臣や上層農民が刀をもって抵抗し30余人が磔に処されたが,まもなく葛西旧領の胆沢・気仙・磐井諸郡,続いて中旬には旧大崎領の玉造郡に一揆がおき,さらに葛西・大崎旧領全域に一揆は波及し,吉清・清久父子は登米郡佐沼城に包囲された。…

※「木村吉清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

木村吉清の関連キーワード大崎葛西一揆岩谷堂城岩出山城大森城涌谷城寺池城水沢城佐沼城名生城