コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村禧八郎 きむら きはちろう

2件 の用語解説(木村禧八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村禧八郎 きむら-きはちろう

1901-1975 昭和時代後期の政治家,経済評論家。
明治34年2月2日生まれ。時事新報記者,北海道新聞論説委員長をへて,昭和22年参議院議員(当選4回,社会党)。財政・経済通として知られ,美濃部(みのべ)東京都知事のブレーンをつとめた。昭和50年5月13日死去。74歳。東京出身。慶大卒。著作に「インフレーション」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村禧八郎
きむらきはちろう
(1901―1975)

経済評論家、政治家。東京府生まれ。1924年(大正13)慶応義塾大学経済学部卒業。新聞・雑誌記者、第二次世界大戦後、北海道新聞論説委員長。1947年(昭和22)参議院全国区に社会党から当選し連続4期務める。国会では財政経済通として活躍した。その間、1948年の芦田均(あしだひとし)内閣予算案に対し、インフレを促進するものとして反対票を投じ、与党たる社会党内で問題化、同年黒田寿男(ひさお)らと労働者農民党を結成した(1957年復党)。1971年木村経済研究所を設立、東京都新財源構想研究会座長として美濃部(みのべ)革新都政を推進した。『インフレーション』などの著書がある。[荒川章二]
『木村経済研究所編『木村禧八郎――一心不乱の生涯』(1976・北海道新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村禧八郎の関連キーワード今井はつ浦野幸男小島徹三近藤鶴代竹山祐太郎田中六助中川俊思野村ミス早川崇松野幸泰

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村禧八郎の関連情報