コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村紫貞 きむら してい

1件 の用語解説(木村紫貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村紫貞 きむら-してい

1683?-1751 江戸時代中期の俳人。
天和(てんな)3年?生まれ。肥前園部上村(佐賀県)の庄屋木村嵐州(らんしゅう)の後妻。坂本朱拙,志太野坡(しだ-やば)にまなぶ。九州蕉門に属し,作品は「蕉門名家句集」におさめられている。寺崎紫白(しはく)と親交をもつ。寛政4年5月18日死去。69歳?本姓は梶村。別号に紫青。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村紫貞の関連キーワード宝暦算額津打治兵衛一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞天降言児童雑誌

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone