コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木枯し紋次郎 こがらし もんじろう

2件 の用語解説(木枯し紋次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木枯し紋次郎 こがらし-もんじろう

笹沢左保の同名小説の主人公
昭和46年「小説現代」に初登場。上野(こうずけ)(群馬県)新田郡三日月村生まれで,ひとり旅をこのみ,つねに手製の楊枝(ようじ)を口にくわえた渡世人。テレビドラマ化され,「あっしにはかかわりのねえことでござんす」のせりふで人気を博した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉の解説

こがらしもんじろう〔こがらしモンジラウ〕【木枯し紋次郎】

笹沢左保時代小説。渡世人の木枯し紋次郎を主人公とする股旅物。第1作の「赦免花(しゃめんばな)は散った」は、昭和46年(1971)「小説現代」誌に掲載。以後、断続的に平成11年(1999)まで書き続けられた。作品数は100を超えており、映像化作品も多い。主人公の口癖「あっしには、かかわりのねえことでござんす」は流行語にもなった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木枯し紋次郎の関連情報