コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木枯し紋次郎 こがらし もんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木枯し紋次郎 こがらし-もんじろう

笹沢左保の同名小説の主人公。
昭和46年「小説現代」に初登場。上野(こうずけ)(群馬県)新田郡三日月村生まれで,ひとり旅をこのみ,つねに手製の楊枝(ようじ)を口にくわえた渡世人。テレビドラマ化され,「あっしにはかかわりのねえことでござんす」のせりふで人気を博した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

こがらしもんじろう〔こがらしモンジラウ〕【木枯し紋次郎】

笹沢左保の時代小説。渡世人の木枯し紋次郎を主人公とする股旅物。第1作の「赦免花(しゃめんばな)は散った」は、昭和46年(1971)「小説現代」誌に掲載。以後、断続的に平成11年(1999)まで書き続けられた。作品数は100を超えており、映像化作品も多い。主人公の口癖「あっしには、かかわりのねえことでござんす」は流行語にもなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

木枯し紋次郎の関連キーワード帰って来た木枯し紋次郎群馬県太田市藪塚町だれかが風の中で群馬県太田市小田部 通麿芥川 隆行安田 公義大崎由利子中村 英子笹沢 左保樫山文枝村木 忍大洲 斉中島貞夫中村敦夫服部ケイ中村英子平沢 彰市川崑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木枯し紋次郎の関連情報