コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木綿襷 ユウダスキ

3件 の用語解説(木綿襷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐だすき〔ゆふ‐〕【木綿×襷】

[名]木綿(ゆう)で作ったたすき。神事に奉仕するときに用いる。
「―かひなにかけて」〈・四二〇〉
[枕]
をからだにかける意で、「かく」にかかる。
「―かけても言ふな」〈後撰・夏〉
を結ぶ意で、「むすぶ」にかかる。
「千年をば我ならずとも―結びの神も祈りかくらむ」〈元輔集

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうだすき【木綿襷】

神事のときに木綿(ゆう)を襷にかけることをいう。襷は手繦(襁)とも書く。木綿は楮(こうぞ)の樹皮を蒸して水にさらし,細く割いたもので,代りに麻を用いることもある。《日本書紀》天の石窟戸(いわやど)の段に,天鈿女(あめのうずめ)命が,蘿(ひかげ)を手繦にして神がかりしたとあり,允恭4年9月条には,木綿手繦をつけて探湯(くかたち)したとある。現行では遷宮のときなどに用い,左右肩より左右両脇下に斜にかけ,体の前後で交差するか,左肩より右脇下に斜にかける方法がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうだすき【木綿襷】

( 枕詞 )
木綿で作ったたすきを肩にかけることから、「かけて」「かくる」「片岡の神」などにかかる。 「 -かけてもいふな仇人の葵てふ名はみそぎにぞせし/後撰

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木綿襷の関連キーワード帯に短し襷に長し気に掛ける斎服木綿鬘木綿四手の木綿畳木綿付け鳥木綿花木綿花の木綿四手

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone