コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さらし さらし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さらし

江戸時代の刑罰名。通常,磔刑鋸挽 (のこぎりびき) 刑などの重罪人には付加刑として課せられ,本刑の前に大衆の面前にさらすことによって行われた。なお,刑の執行後に罪人の首を特定の場所にさらすことをさらし首といった。

さらし

生地綿布や麻布に精練,漂白処理を施した純白の織物。生地綿布や麻布は,紡績工程の終ったままの糸で織るので,糊,夾雑物などが付着しており,精練処理としてカセイソーダ,石鹸液などで煮沸したあと水洗いして不純物を除去する。次に精練処理で除去できない有色物を除去するのが漂白処理で,過酸化水素さらし粉など漂白剤を使用して純白にしたあと糊をつけて仕上げる。肌ざわりがよく,じょうぶなので,和服用や乳児用の肌着や,妊婦の腹帯に使われる。ほか染色加工して色物,柄物にする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

さらし

地歌・箏曲の曲名。宇治川で布をさらす情景を描写したもの。元禄以前に,北沢勾当が三弦曲として作ったのが原曲で,〈古さらし〉ともいう。これを深草検校が享保以後に発展させ,三弦手事物とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

さらしの関連キーワード晒し蝋・晒し蠟ブリーチアウトコムギデンプン製紙用パルプシーティング金蝶園饅頭クラフト紙凍り蕎麦蒸籠饂飩ひなた臭生成り色盛り蕎麦野洲晒し光悦善哉娘娘万頭蒸籠蕎麦糸瓜草履日光消毒晒し木綿寒晒し粉

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さらしの関連情報