コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さらし さらし

3件 の用語解説(さらしの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さらし
さらし

江戸時代の刑罰名。通常,磔刑や鋸挽 (のこぎりびき) 刑などの重罪人には付加刑として課せられ,本刑の前に大衆の面前にさらすことによって行われた。なお,刑の執行後に罪人の首を特定の場所にさらすことをさらし首といった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

さらし
さらし

生地綿布や麻布に精練,漂白処理を施した純白の織物。生地綿布や麻布は,紡績工程の終ったままの糸で織るので,糊,夾雑物などが付着しており,精練処理としてカセイソーダ,石鹸液などで煮沸したあと水洗いして不純物を除去する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

さらし

地歌・箏曲の曲名。宇治川で布をさらす情景を描写したもの。元禄以前に,北沢勾当が三弦曲として作ったのが原曲で,〈古さらし〉ともいう。これを深草検校が享保以後に発展させ,三弦手事物とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

さらしの関連キーワード過怠牢永牢永預け江戸払御構い国払い縛り首所払い追払い島替え

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さらしの関連情報