探湯(読み)クカタチ

デジタル大辞泉の解説

くか‐たち【探湯/誓湯/盟湯】

《「くがたち」「くかだち」とも》古代の裁判における真偽判定法。正邪を判断する場合、神にって熱湯の中に手を入れさせ、正の手はただれないが、の手はただれるとした。くか。

たん‐とう〔‐タウ〕【探湯】

「くかたち(湯)」の音読み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くか【探湯】

〘名〙 「くかたち(探湯)」の
※古事記(712)下「玖訶(クカ)瓮」

たん‐とう ‥タウ【探湯】

〘名〙
① 熱湯の中に手を入れてさぐること。
② 「くかたち(探湯)」の音読み。
※評判記・色道大鏡(1678)六「応神帝の御宇、武内の宿禰が甘美内(あまみうち)と探湯(タントウ)したり」
③ 暑さに苦しむことのたとえ。〔列子‐湯問〕
④ おそれて手を出さないことのたとえ。〔論語‐季氏〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報