探湯(読み)クカタチ

  • くか
  • たんとう
  • たんとう ‥タウ
  • たんとう〔タウ〕
  • 探=湯/誓=湯/盟=神=探=湯

デジタル大辞泉の解説

《「くがたち」「くかだち」とも》古代の裁判における真偽判定法。正邪を判断する場合、神に誓って熱湯の中に手を入れさせ、正の手はただれないが、の手はただれるとした。くか。
「くかたち(湯)」の音読み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

熱湯の中に手を入れて探ること。
「くかたち(探湯)」の音読み。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「くかたち(探湯)」の
※古事記(712)下「玖訶(クカ)瓮」
〘名〙
① 熱湯の中に手を入れてさぐること。
② 「くかたち(探湯)」の音読み。
※評判記・色道大鏡(1678)六「応神帝の御宇、武内の宿禰が甘美内(あまみうち)と探湯(タントウ)したり」
③ 暑さに苦しむことのたとえ。〔列子‐湯問〕
④ おそれて手を出さないことのたとえ。〔論語‐季氏〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android