木茘枝(読み)モクレイシ

大辞林 第三版の解説

もくれいし【木茘枝】

ニシキギ科の常緑低木。暖地の海岸付近に生える。葉は楕円形で革質。雌雄異株。三月頃、葉腋ようえきに淡緑黄色の小花が集まって咲く。果実は広楕円形で、熟すと裂けて赤い種子が現れる。福木ふくぼく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もく‐れいし【木茘枝】

〘名〙 ニシキギ科の常緑低木。神奈川県南部・伊豆半島・伊豆七島・九州・沖縄・台湾の海岸近くの林に生える。葉は対生し、楕円形で葉一面には光沢があり、長さ五~一〇センチメートル。雌雄異株。春、葉腋に緑白色の小さな五弁花が数個集まって咲く。果実は長さ一・八センチメートル内外の楕円体で、熟すと基部側から裂けて二個の赤い種子を出す。ふくぼく。くろぎ。
※洒落本・一騎夜行(1780)二「名を四筋の糸に思ひ出さるる大真美人も木(モクレイシ)を好(このみ)香を留て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android