木茘枝(読み)モクレイシ

  • 木×茘枝
  • 木茘枝 (モクレイシ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ニシキギ科の常緑低木。神奈川県南部・伊豆半島・伊豆七島・九州・沖縄・台湾の海岸近くの林に生える。葉は対生し、楕円形で葉一面には光沢があり、長さ五~一〇センチメートル。雌雄異株。春、葉腋に緑白色の小さな五弁花が数個集まって咲く。果実は長さ一・八センチメートル内外の楕円体で、熟すと基部側から裂けて二個の赤い種子を出す。ふくぼく。くろぎ。
※洒落本・一騎夜行(1780)二「名を四筋の糸に思ひ出さるる大真美人も木(モクレイシ)を好(このみ)香を留て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android