末永 雅雄(読み)スエナガ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

末永 雅雄
スエナガ マサオ

昭和期の考古学者 関西大学名誉教授;元・奈良県立橿原考古学研究所所長。



生年
明治30(1897)年6月23日

没年
平成3(1991)年5月7日

出生地
大阪府南河内郡狭山村(現・大阪狭山市)

学位〔年〕
文学博士(龍谷大学)〔昭和23年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院賞〔昭和11年〕「日本上代の甲冑」,奈良県文化賞,大阪市民文化賞,大阪府民なにわ賞,朝日文化賞(昭48年度),勲二等瑞宝章〔昭和54年〕,文化功労者〔昭和55年〕,文化勲章〔昭和63年〕

経歴
13歳から古墳発掘に参加。独学で全国の史跡や博物館をめぐり歩き、大正15年より昭和20年まで、浜田耕作に師事して京都帝国大学文学部考古学研究室で考古学・古代史を研究。この間、昭和2年以後奈良県嘱託として石舞台古墳、宮滝遺跡、唐古遺跡などの発掘にたずさわる。13年に自分で橿原考古学研究所を創立、26年奈良県に移管、55年まで所長を務めた。傍ら、大谷大学教授、大阪経済大学教授、27〜45年関西大学教授も務めた。“慎重果断”をモットーに常に自分に対して厳しすぎるほどの態度を貫き、飛鳥宮跡・高松塚古墳(47年)など今日の古代史ブームを招く発掘を数多く手がけた。55年文化功労者、63年文化勲章受章。著書に「日本上代の甲冑」「日本上代の武器」「日本の古墳」「考古学の窓」「古墳の航空大観」「近畿古文化の研究」などの他、「末永雅雄著作集」(全5巻 雄山閣出版)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

末永 雅雄 (すえなが まさお)

生年月日:1897年6月23日
昭和時代の考古学者。関西大学教授;奈良県立橿原考古学研究所所長
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android