コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐古遺跡 からこいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐古遺跡
からこいせき

奈良県磯城郡田原本町唐古にある弥生時代前期から後期にかけての遺跡。 1937年京都大学と奈良県とが共同発掘した。遺跡は唐古池底にあり,遺物の保存が良好で当時の生活を知ることができる。遺構としては小竪穴が百数基確認され,その中から土器石器木器が多量に発掘された。土器は唐古諸様式の基調となり,唐古第1~第5様式に分類され,近畿地方の土器型式の標式になった。石器は打製および磨製石鏃磨製石斧,環状石斧,磨製石剣,石槍などが土器と共存し,石器の併用が実証された。木器には弓,鍬,鋤,,杓子,高坏,鉢,器台,舟形などがあり,当時木器の果した役割や農耕生活を根底とする弥生時代の農耕技術の一部が知られるとともに,木器の製作には,鉄器が使用されたことが認められた。また近畿地方では最古の遺跡に属し,当地方の弥生時代前期の様相を理解するうえからも,よく北九州の遠賀川流域の前期遺跡 (遠賀川遺跡 ) と対比され,弥生文化の研究上貴重な遺跡である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

からこ‐いせき〔‐ヰセキ〕【唐古遺跡】

奈良県磯城(しき)郡田原本町の唐古池を中心とする弥生時代の遺跡。豊富な木製農具の出土によって稲作農耕の存在を実証した。近畿地方弥生土器の変遷を知る上でも重要。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

唐古遺跡【からこいせき】

奈良県磯城(しき)郡田原本町にある弥生(やよい)時代の集落遺跡。唐古池の底から100余の竪穴(たてあな)が発見され,弥生時代における鍬(くわ),杵(きね),容器その他の木器の使用が初めて確認された。
→関連項目田原本[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

からこいせき【唐古遺跡】

奈良県磯城郡田原本町唐古と鍵にわたって広がる弥生時代の代表的な農耕集落跡。奈良盆地のほぼ中央に位置し,寺川初瀬川の間の標高47~50mの低地にある。1936‐37年にかけておこなわれた発掘調査により,弥生時代全期間を通じての豊富な土器と,木製農具等を出土し,弥生農耕をはじめて実証する重要な遺跡として注目された。また土器は精緻に分類・編年され,畿内弥生式土器編年の基準となっている。これらの成果は43年に《大和唐古弥生式遺跡の研究》(京都帝国大学文学部考古学研究報告第16冊)として刊行された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐古遺跡の関連キーワード奈良県磯城郡田原本町唐古末永 雅雄銅鐸の鋳型高床建築環濠集落磨製挽物

唐古遺跡の関連情報