コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本堂城 ほんどうじょう

1件 の用語解説(本堂城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ほんどうじょう【本堂城】

秋田県仙北郡美郷町にあった戦国時代の平城(ひらじろ)。同県指定史跡。この一帯を領有していた本堂氏の城館である。本堂氏は鎌倉時代前期にこの地に住み着き、元本堂城と呼ばれる山城を居城としていたが、天文年間(1532~55年)に、山城からこの本堂城へと移ったと考えられている。本堂氏は安東氏や小野寺氏、戸沢氏などの勢力に組み込まれることなく独立を保って戦国時代後期には小大名へと発展し、1590年(天正18)には豊臣秀吉の小田原攻めに参陣したことから、秀吉の奥州仕置では加増され、現在の同県仙北郡南部に約9000石の知行地を得た。しかし、1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いののち、本堂城は徳川家康から常陸国新治郡(茨城県南部)への国替えを命じられたことにともない廃城となった。その領地は秋田へ転封となった佐竹氏の久保田藩領になっている。同城は東西182m、南北273mの本丸と二の丸からなり、周囲を高さ4~5mの土塁と幅約10mの内堀をめぐらせた造りで、小領主の城としては規模が大きい。内堀や土塁などの遺構が残っている。城跡の東にある本堂城回集落は、同城が本堂氏の居城となったころに形成された城下町とされている。JR秋田新幹線・奥羽本線の大曲駅からバスで館間下車。払田柵(ほったのさく)(大仙市)から北東へ徒歩約15分の場所にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本堂城の関連キーワード角館仙北八千代ひでこ節奥清水雁の里せんなんグリーンロード大和たっこちゃん門出笑顔國之誉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone