コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠次(2) ほんだ ただつぐ

1件 の用語解説(本多忠次(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠次(2) ほんだ-ただつぐ

1679-1711 江戸時代前期-中期の大名。
延宝7年10月21日生まれ。長門(ながと)(山口県)府中藩主毛利(もうり)綱元の次男。本多忠利(ただとし)の養子となり,元禄(げんろく)13年三河(愛知県)挙母(ころも)藩主本多家2代。風水害により悪化した藩財政の立て直しにつとめた。正徳(しょうとく)元年11月20日死去。33歳。初名は匡英(まさひで)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多忠次(2)の関連キーワード浮世草子一木権兵衛松意高政越後騒動雑喉場丸本大岡清相土屋政直羽川珍重

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone