本番(読み)ほんばん

精選版 日本国語大辞典「本番」の解説

ほん‐ばん【本番】

〘名〙
① 本来の当番。正式の持ち
高野山文書‐応永二六年(1419)四月一五日・両所十聴衆評定事書案「御所之造営、近日可始行之間、本番可出者也」
② 映画、テレビ、ラジオなどで、テストリハーサルではなく、実際に行なう撮影・放送や録音。また一般に、練習に対して、本式でやることにいう。
※NHK放送楽屋ばなし(1951)〈藤井一市〉一「気分も乗って来たというところで一服させて本番に入る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本番」の解説

ほん‐ばん【本番】

映画・テレビ・ラジオなどで、テストやリハーサルでなく、実際に撮影・放送・録音を行うこと。また一般に、練習でなく、本式に事を行うこと。「ぶっつけ本番
本格的にその時期になること。その物事最盛期であること。「夏本番」「受験シーズンも本番に入る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例