コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘繁長 ほんじょうしげなが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本荘繁長
ほんじょうしげなが

[生]天文8(1539)
[没]慶長18(1613)
戦国時代末期~江戸時代初期の武将。通称は弥次郎。房長の子。上杉謙信に従って川中島の戦い,関東経略に軍功を重ねた。永禄 11 (1568) 年武田信玄に通じて,謙信に攻められ,翌年降伏して剃髪。謙信の死後,景勝に仕え,上杉氏の相続争いを処理。関ヶ原の戦いでは,景勝とともに西軍に応じて活躍,戦後,徳川家康に謝罪し,景勝が米沢に封じられると信夫郡の地を給された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

本荘繁長の関連キーワード村上(市)上杉謙信亀ヶ崎城尾浦城川中島弥次郎

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android