本街道・本海道(読み)ほんかいどう

大辞林 第三版の解説

ほんかいどう【本街道・本海道】

江戸時代、幕府の管理する公道で、東海道・中山道・甲州・奥州・日光の五街道をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐かいどう ‥カイダウ【本街道・本海道】

〘名〙
江戸時代、脇街道に対して、五街道をいう。狭義には、中山道に対し東海道をさす場合もある。転じて、本道、公道をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・西鶴織留(1694)四「三人ながら本海道(ホンカイダウ)の道中」
② 本来の道。正しい道。真人間の生活。
人情本・春色辰巳園(1833‐35)初「迷ひてわからぬ欲の道、ゆけどもゆけども本街道(ホンカイダウ)へ、出るにでられぬなんぎとなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android